fc2ブログ

「借りた物は返すのは当たり前」の大原則

ここ最近、平気で借金を踏み倒す人が増えてきましたねえ。
それもこれも大手サラ金会社がチョウシ込んで、バカみたいに貸し込んだ付けなんですが。
サラ金会社は、どこも酷い状態ですね。
昔は、サラ金会社が上場するなんて考えられなかった事なんです。
東証も頑なに首を立てに振らなかったんですね。
それが上場して、ゴールデンタイムにコマーシャルを流す様になり、
安易に借りる雰囲気を作り出し、借金地獄にハマル人を多く作りだしたんです。
私など、子供の頃は、「弱い者をいじめちゃいけないよ。警察のお世話になっちゃいけないよ。」
成人してからは、「女性を泣かしちゃいけないよ。サラ金から金を借りちゃいけないよ。」
と、よく言われました。
サラ金、消費者金融は、人に見られないようにコソコソ借りにいくもんでした。
いろいろな理由で借りるんでしょうが、金利も当然,高いしそれなりに腹を決めて行くもんでしたよ。
{ 決してサラ金 、消費者金融業者を蔑視しているわけではなく、高利なので返済が容易ではなく、自己責任を持って借りなければいけないと言う事。}
それが、上場企業の消費者金融がお気軽に借りれるみたいな、錯覚を刷り込ませたおかげで、今の様なモラルの無い 雰囲気というか、安易に借金を踏み倒す事は、まるで当然の権利みたいな風潮に成ってしまった訳です。
どっかのプロ野球球団のヘルメットに、サラ金の名前があるのを見てヒックリかいりそうになった記憶があります。
節操がないのが銀行で、サラ金にガンガン融資をしてノウハウを取り入れ様として、サラ金会社が傾けば買収して しまう、何とも情けない事をしています。
銀行と、消費者金融は同じ金融業だけれども、中身はまるで違うものです。
日本の銀行も本当に節操も何も有ったもんじゃありません。
そんなこんだで、電車の広告や、テレビCMで司法書士や弁護士が借金をチャラにしますみたいな事の宣伝が目につきます。(悪徳業者は取り締まるべきだと当然に思いますよ。)
で、何が言いたいのかと言いますと。
「借りた物は返すのは当たり前。」と言う大原則です。
金を借りる人は、金利がいくらで返済期日がいつでと承知して借りているわけですから。
本当にニッチもサッチもいかなければ自己破産すればよいのです。
非上場の真面目な金融屋さんがバタバタ潰れています。
素人が一番怖いよと嘆いています。
借りた2ヶ月後には、計画的に自己破産。こんな事は、珍しく無いそうです。
へたをすれば、相談した所からメエイッパイ借りてから破産するよう指導されたりして、酷い事ですね。
司法書士の脱税も多くありました。債権減額の成功報酬の問題、それは家業違いだろうよと、突っ込みたくなる様な高い比率もあります。
話はそれますが、政治家も酷いですね。
嘘を付いていると誰が見ても分かる事を、知らないと言ったり、関知してないと言ったり。
また、それがまかりとおるのですから!
何だか変な世の中ですよね。
「ウソは言っちゃいけません。借りたものは返しましょう。」  
よく言われたんじゃないですかねえ。


      ブログランキングに参加しています。



       <br />



スポンサーサイト